作品概要

二度目のお説教》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1864年から1864年で、ギルドホール美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

最初の説教の続きの絵

ミレイの息子で伝記作者であるジョン・ギル・ミレイはこのように言っている。
「このよく知られている《最初の説教》の絵を見て、私の姉エフィーが、1862年に当時5歳の子供だった時をモデルに選んだ。 そして2年後に続編の作品である《二度目のお説教》のために座った。その時以来、たくさんの子供たちがさまざまな彼の絵のモデルとして集められた。」

エフィーは1枚目の肖像画では5歳だった。2枚目の絵ではもう少し年を重ねたにも関わらず、彼女は説教を聞いたことによって眠ってしまった様子が描かれている。結局のところ、これはもはや彼女にとって小説のような珍しい経験ではなかった。彼女の日曜礼拝用の帽子が脱げて巻き毛が見えてしまっていたり彼女の小さな脚がぶらぶら揺れるところまで、「甘く平和な眠り」として示されている。彼女についてのすべては以下の長い引用文で言及されている。

カンタベリー大司教が絶賛した絵

1枚目の絵画の熱心な愛好者だったカンタベリー大司教は、1865年のアカデミー晩餐会で講演をしたときにもこの作品も紹介した。文言は、新聞にも掲載されていた。

「私は自分のために、いつもこの部屋への訪問者から喜びとともに利益を得ることを望んでいると言える。現時点で私は有益な教訓を学んだ。これは、自分だけではなく、私のそばにいるすばらしい牧師たちや祝福を受けた周りの人たちにとっても、有益に学ぶことができます。私はその絵の中に小さな淑女がいることがわかる(ミレイの《二度目のお説教》の中の教会で眠っている子どもの絵を指している)。
彼女の態度は無意識に行われているにもかかわらず、彼女は最後の3時間ずっと聞いていた長い説教は、本当のところ、彼女の静かな眠りの雄弁さによって、私たちに長い説教の悪と眠気を誘発する談話への警告を与えた。申し訳ないことだが、確かに私はこの甘くて穏やかな眠りを邪魔すべきだが、私は彼女が目を覚ますとき、彼女はもしかしたら、居眠りをしてしまったことに対して指摘する人たち本当は偉い人達なのを知らされるかもしれない。絵の中の少女が「最初のお説教」を聞いて以来、時を経て得た変化と、彼女が私たちに示した教訓によって私たちは利益を得ることができた。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名二度目のお説教
  • 分類絵画
  • 制作年1864年-1864年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ギルドホール美術館 (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ970cm
  • 横幅720cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 二度目のお説教の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。