作品概要

洗濯女》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1886年から1886年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《洗濯女》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって1886年に描かれた油彩画である。個人に所蔵されている。

画家の生い立ち

アンリ・マリー・レイモンド・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ――この長い名前は彼の高い社会的地位を反映している――は、南フランスの貴族の家に生まれた。特権階級の暮らしの中で育った彼は動物を愛し、乗馬を好んだ。 生まれながらに病弱だった彼の骨は弱く、二度の大きな事故で両足の大腿骨を骨折した後、脚の成長が止まってしまった。ロートレックが成人したときの身長は152cmで、上半身は大人だが脚は子どものままだった。

図像解説

ロートレックがパリで制作したカルメン・ゴーダンの一連の肖像画の1つである本作《洗濯女》は、労働者階級の陰鬱な生々しい世界を暴くことを意図して制作された。ロートレックは、彼の好んだモデルの一人であったカルメン・ゴーダンを、仕事で疲れ果てて休憩する洗濯女として描いた。ロートレックに影響を与えた画家ドガは踊り子の画家として有名だが、洗濯女を多く描いた画家でもある。踊り子も洗濯女も、当時のパリ社会を象徴する労働者であった。

ロートレックはパリの生活の苦難を暴こうという意図で絵画制作をしていたことで有名だが、女性と彼女の苦労に対する情愛が伝わって来るこの作品には、繊細さと暖かさがある。この自然主義的な絵画技法は、ロートレックの初期作品に基本的なものであり、ドガの影響を反映している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名洗濯女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1886年 - 1886年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ93cm
  • 横幅75cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 洗濯女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。