作品概要

サン・ピエトロ広場》は、画家のジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって制作された作品。制作年は1656年から1667年で、バチカンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サン・ピエトロ広場》はジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって1656年から1667年に建設された広場である。この広場はローマ・カトリック教会の総本山であるバチカンのサン・ピエトロ大聖堂の前にあり、現在も世界中から信徒が集まる場である。

歴史

この場所には以前からサン・ピエトロ広場と呼ばれる広場があり、1585年にはすでに中央に現在もあるオベリスクが建っていた。教皇アレクサンデル7世はその統治期間中、年々増加するローマ巡礼者に対応するためローマの町の整備に力を入れていた。そのプロジェクトのうち最も重要な計画が、サン・ピエトロ大聖堂前の広場の大改修であった。

広場の改修を行う人物として教皇はベルニーニに白羽の矢を立てた。ベルニーニは既にサン・ピエトロ大聖堂の中のいくつかの装飾を手掛けており、その手腕が認められたと思われる。

劇場としての広場

教皇はここに集まった信徒らの信仰心がより高揚するよう、まるで広場をまるで劇場のような空間にするよう求めた。楕円形の広場の周囲を4列のドーリア式の円柱の列柱廊が囲み、その上には140人の聖人の像が並んでいる。

広場に集まった信徒らの視線は正面のサン・ピエトロ大聖堂の広場に面したバルコニーで教皇が説教や祝福を行う姿に集中する。緩やかなカーブを描く列柱廊は集まった信徒らを包みこむ「キリスト教会の腕」を暗示している。

また、広場のある1点に立つと4列の柱が遠近法によってすべて重なり1本の柱に見える。このような仕掛けによってもまた、この広場はキリスト教世界の中心としての威厳を保っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ
  • 作品名サン・ピエトロ広場
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1656年 - 1667年
  • 製作国バチカン市国
  • 所蔵バチカン (バチカン市国)
  • 種類広場
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • サン・ピエトロ広場の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。