作品概要

ムーラン・ルージュにて》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1892年から1895年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ムーラン・ルージュにて》はフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによる油彩画である。1892年から1895年の間に描かれた。

1889年にパリに作られたキャバレー、ムーラン・ルージュ描いた、ロートレックによる数々の作品の一つである。他には《ムーラン・ルージュにて、踊り》や、ポスター《ムーラン・ルージュのラ・グーリュ》などがある。

画家の生い立ち

アンリ・マリー・レイモンド・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ――この長い名前は彼の高い社会的地位を反映している――は、南フランスの貴族の家に生まれた。特権階級の暮らしの中で育った彼は動物を愛し、乗馬を好んだ。

生まれながらに病弱だった彼の骨は弱く、二度の大きな事故で両足の大腿骨を骨折した後、脚の成長が止まってしまった。ロートレックが成人したときの身長は152cmで、上半身は大人だが脚は子どものままだった。

図像解説

テーブルの周りに座る3人の男性と2人の女性が描かれている。テーブルに座る人物のモデルは右から左に向かって、エドゥアール・デュジャルダン、ダンサーのラ・マカロナ、写真家ポール・セカウ、同じく写真家のモーリス・ギベールある。右の前景の女性はイギリス人ダンサー、メイ・ミルトンである。右の背景には、パートナーと一緒にいる踊り子ラ・グーリュが見える。左の背景にはロートレック自身と、そのいとこであるガブリエル・タピエ・ド・セレイランが描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ムーラン・ルージュにて
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1895年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ123cm
  • 横幅140cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ムーラン・ルージュにての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。