作品概要

ヴィルヌー・ラ・ガランヌの橋》は、画家のアルフレッド・シスレーによって制作された作品。制作年は1872年から1872年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヴィルヌー・ラ・ガランヌの橋》は、印象派を代表するセーヌ川の川岸沿いの風景である。本作品は、自然界への芸術家の知覚に傾倒しており、アルフレッド・シスレーの全作品を象徴するものである。

素早く柔らかい筆のタッチが、表面上の光のはかない印象をとらえている。これは、空や雲、草で覆われた小山が映る川の色の微妙なニュアンスに見られる。

シスレーが橋を描くために選んだ視点は、建造物が非常に大きいという感覚を与える。また、シスレーは人物を描くことで作品を見る者に大きさの感覚を与えることにより、橋の大きさがわかるようにしている。

フランスが切望するもの

《ヴィルヌー・ラ・ガランヌの橋》は自然をテーマに描かれている。それだけでなく、本作品は普仏戦争での敗戦からの、政治的および工業的な進展というフランスの切望をも描いている。この橋は戦後に再建築され、19世紀末におけるフランスの復興を象徴しているのである。

このことから、本作品は、再建の希望の美辞麗句をも象徴しているのである。

デュラン・リュエルの購入作品

《ヴィルヌー・ラ・ガランヌの橋》は、フランス画商であるデュラン・リュエルがシスレーから購入した3作品の1つである。本作品は、デュラン・リュエルの、最も美しい作品300点の内の1つとして作品集に含まれている。

この作品集は出版することを目的に作成された。しかし、作品集を出版するというプロジェクトは、実現されていない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフレッド・シスレー
  • 作品名ヴィルヌー・ラ・ガランヌの橋
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1872年 - 1872年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ49.5cm
  • 横幅65.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴィルヌー・ラ・ガランヌの橋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。