作品概要

海岸風景とエウロパの略奪》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1667年から1667年で、ロイヤル・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《海岸風景とエウロパの略奪》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1667年、イタリアにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品の展示は行っていないが、イギリスの王室が所有するロイヤル・コレクションにて所蔵されている。ロランは現役時代、エウロパの略奪を主題とした作品を五枚も描いており、イギリス王室が所有するこの一枚は一番最後に描かれた物である。

作品のストーリーについて

この作品の元となるストーリーは、古代ローマの詩人であるオウィディウスが書いた変身物語から引用されている。オウィディウスはローマ神話の原典のひとつであり、ローマ神に纏わる伝説を語っている。《海岸風景とエウロパの略奪》はローマ神話の主神であるジュピターが、フェニキア王アゲーノールの娘であるエウロパを気に入り、彼女を拉致する物語を絵にしている。

エウロパは自分の侍女達と海岸沿いで戯れている最中、ジュピターが変した雄牛の美しさに惹かれ、その牛の背中に乗る。しかし、その後、牛はそのままエウロパを乗せながら海に向かってしまい、ジュピターはエウロパの拉致に成功する。

ロランは神話に詳しく、絵かきの技術も熟練した物であった。彼はオウィディウスの詩的な原作をよく理解し、絵の具を使い、元の物語の美しさを上手くこの作品にて表現している。

作品のスタイルについて

ロランはエウロパの略奪を題材とした作品を五枚も描いているが、この最後に描かれた一枚はクライマックスとも言える程の高い完成度である。この作品は、ロランの優れた詩的感受性と洗練された技術スキルを反映している。

大まかな構図と作品の基本的な特徴は最初の一枚にてほぼ決められていたが、ロランが作風を変えるにつれて、所々変化が見当たる。例えば、イギリス王室にて所蔵されている本作品は四枚目でなく、三枚目の物と似ており、人物と動物の数はほぼ同じ物である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名海岸風景とエウロパの略奪
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1667年 - 1667年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ロイヤル・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩画
  • 高さ101.6cm
  • 横幅134.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海岸風景とエウロパの略奪の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。