作品概要

ヘリコン山のアポロンとミューズ》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1680年から1680年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヘリコン山のアポロンとミューズ》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1680年、イタリアのローマにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品はアメリカ、マサチューセッツ州のボストンにあるボストン美術館にて所蔵されている。

作品のストーリーについて

《ヘリコン山のアポロンとミューズ》はロランの画家生涯の末期にて描かれた作品である。その頃、ロランが主に題材として使用していたのが、古典ラテン語にて書かれた叙事詩のアエネーイスであった。《ヘリコン山のアポロンとミューズ》もそのアエネーイス内にて記載されている物語の内一つである。

アポロはローマ神話内の詩と音楽の神として知られており、ミューズはインスピレーションと芸術の女神達として名を上げられている。この作品に描かれているのは、そんなアポロとミューズが詩の発祥の地であると言い伝えられているパルナッソス山のか川辺にて休憩している光景である。また、絵に描かれている流れる川はカスティーリャ川と言われており、その水を飲むとインスピレーションが湧き上がると伝説にて語られている。

作風について

ロラン後期の作品達は、彼が若い頃と同様に、洗練されたテクニックで描かれているが、絵の構図における完璧なバランス感覚は失われつつある。

《ヘリコン山のアポロンとミューズ》でも、作品の両サイドに描かれている木々のサイズと密度から多少バランスの違和感が感じられる。しかし、ロランが作品を描く際、重点は全体の雰囲気に置かれているため、観客はその雰囲気にのまれた瞬間、バランスの違和感はさほど気にならない物となってしまう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名ヘリコン山のアポロンとミューズ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1680年 - 1680年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩画
  • 高さ98cm
  • 横幅135cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヘリコン山のアポロンとミューズの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。