作品概要

ルーヴシエンヌの栗の木立ち》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1872年から1872年で、ネルソン・アトキンス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

20世紀絵画への橋渡し役

カミーユ・ピサロは、ユダヤ系ポルトガル人の家庭で生まれ、当時デンマーク領だったカリブ海バージン諸島のセント・トーマス島(現在はアメリカ領)で育った。ピサロは、現実主義の風景画家カミーユ・コロー、クールベ、ミレーなどの影響を強く受け、数多くの若い画家に大きな影響を与えた。その結果、彼の作品は、19世紀から20世紀の現実主義と抽象主義、特にフランスの近代絵画の中で重要な橋渡しをした。美術的技法の進化に対する彼の個人的な投資は、20世紀のアヴァンギャルド(前衛派)の発展において大きく貢献した。

特に、ポール・セザンヌが、1870年代初めにルーヴシエンヌでピサロとともに絵画制作をしていた際、ピサロの作品を模写して印象派の技法を学んだことは有名である。この関係が、セザンヌが20世紀の「近代絵画の父」と呼ばれるようになるまでの長い道のりの重要な一歩だったことは言うまでもない。

図像解説

ピサロは1869年から1872年まで、ルーヴシエンヌに住んでいた。ルーヴシエンヌは、パリ南西にあるセーヌ川沿いの町である。

この時期の彼の作品は、影と構造に対する強い関心が特徴である。この絵画では、激しい幹の対角線が他の木の垂直なラインを遮り、強い影の線が地面に生き生きと伸びている。

中央部、木の向こうに見えるのは、ヴェルサイユ宮殿の庭園にセーヌ川から水を運んでいたマルリーの水道橋の一部である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ルーヴシエンヌの栗の木立ち
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1872年 - 1872年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ネルソン・アトキンス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ41.59cm
  • 横幅53.34cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルーヴシエンヌの栗の木立ちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。