作品概要

オニーのヴィオスヌ川、曇り、冬》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1883年から1883年で、ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

田園風景

印象派の多くの画家がそうしたように、カミーユ・ピサロはパリの北西部、ポントワーズの旧市街地やその周辺で生涯のほとんどの時間を過ごした。周辺の村や小さな町の風景は、劇的なものではないが、画家に多くのモチーフを提供した。

ピサロが好んで描いた場所は、低い裸の木々の丘、赤または青い屋根の石造りの建物、スクリーンのような細い木々といった特徴がある。

ポントワーズからオニーへ

1882年、ピサロは家族とともにポントワーズからやや北西のオニー村に移住した。オワーズ川の支流であるヴィオスヌ川のほとりに位置していたオニーは、すでにピサロがよく知っている地域であった。彼は村ののどかな景色、川の入り江、地元の農場、村に通じる道などを描いた。

技法の模索

1870年代はピサロにとって奮闘と実験の時代だった。この10年間で、ピサロは自然の「感覚」を表現することと、そのための手段を見つけることに絶え間ない努力を傾けながら、同時により完成した強い手法を模索した。結果、技法は劇的に変化した。

この間、ピサロはセザンヌとともに絵画制作をした。ピサロとセザンヌはしばしば同じ主題を描いている。

複雑で細かい表面

1880年代までに、ピサロのキャンバスは、ほとんど織り物のような小さな筆遣いで構成されるようになった。

灰色の空が描かれている本作の表面は、非常に複雑である。土手、水、石壁は、一方向の筆のパターンが画面上に並べられることで描かれている。

表面はいくつかの領域では層状になっているが、均一ではない。前景の鮮やかな緑は、場合によってはチューブから直接塗られたように見え、ところどころ赤色の点が散在している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名オニーのヴィオスヌ川、曇り、冬
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1883年 - 1883年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ビクトリア国立美術館 (オーストラリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65.3cm
  • 横幅54.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オニーのヴィオスヌ川、曇り、冬の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。