作品概要

日の出の海岸》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1674年から1674年で、アルテ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《日の出の海岸》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1674年、イタリアにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品はドイツのミュンヘンにあるアルテ・ピナコテークにて所蔵されている。ロランは同じ風景を題材とした絵を三枚も描いており、アルテ・ピナコテークに所蔵されているのは最も新しい三枚めの作品である。

作成時の背景について

ロランが画家として活躍していた頃、ローマ及びヨーロッパ他地域の貴族たちは豪華爛漫な生活スタイルを追求しており、その追求は絵画作品にも反映されていた。その頃の社会情勢に影響され、自分の作品を描く際、ロランもより華やかな仕上がりを求めていたのであった。

彼はイタリアと北ヨーロッパの景色を沢山集め、それらを基にハイバロック様式の新たな風景画のスタイルを築いてきた。ロランは構図の段階で比率と視点を完璧に利用し、自分の描いた風景画達に視覚上の深みを与えている。この後、彼の作品を模写する画家はたくさんいたが、ロランに追いつく人物はいなかった。

作品のスタイルについて

ロランの特徴としては、自分の作品内に流行りの演劇を要素として取り入れ、劇的な構図および詩的な色使いを使用し、華やかな作品たちを描き上げていた。

それらの特徴は、この《日の出の海岸》でも反映されている。この作品は舞台上のワンシーンであるように仕上がっているが、各方向から差し込む光の効果と空間の驚異的な影響は遥かに舞台設定を超えている。このような効果は、ロランの優れた構図能力と色使いによって実現されたといっても過言ではない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名日の出の海岸
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1674年 - 1674年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵アルテ・ピナコテーク (ドイツ)
  • 種類油彩画
  • 高さ72cm
  • 横幅96cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日の出の海岸の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。