作品概要

グランド・ジャット島の日曜日の午後》は、画家のジョルジュ・スーラによって制作された作品。制作年は1884年から1886年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

色彩の研究

この絵画は、1886年に行われた最後の印象派展で展示され、ネオ印象派の宣言となった。スーラは、野外の色の研究や、印象派のパレット同様の軽い色調を保持して、印象派がこだわりとしていた要素を採用した。彼のやり方は現代美術の主役からは大きくかけ離れていたが、初期から非常に個人的な道を歩んでいた。

彼は光学現象に関する科学の本を読み色を取り入れた。科学文献によると、新印象派の理論的な基礎が作られた後に、いくつか基本原理が策定された、というのは、色相と色調(または色と値)の区別、網膜によってもたらされる光学的混合の考え方、同じ色相の異なる色を並て置くことによって得られる色の印象である。

新印象派では、忠実な描写と抽象的な表現での間で起こる葛藤が目立っていた。人物をカラーシルエットとして扱う傾向がこの作品で最たるものとなり、人物の厳しく鋭い形が現代らしさを生み出している。

この最も良く知られ、最も大きな絵画は、ジョルジュ・スーラにより、グランド・ジャット島と呼ばれるセーヌ川にある島の郊外の公園で、人々がリラックスしている様子が描かれている。

画家による加筆

画家はこの作品を数回描き加えており、始めは1884年より、小さく水平に動かす筆使いで補色を使い重ねて塗っていた。彼は後に、補色を含めた小さな点を追加して、遠くから見たときにも物の形がわかり、光がはっきりわかる。

スーラはこの作品に1889年最後の変更を加えた。彼は赤色、橙色オレンジ、青の点で境界線を描き加えるために、作品を取り戻したが、その境界線により絵の内部と、彼が特別に作り上げた白い枠の間の視覚の移動が生み出されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・スーラ
  • 作品名グランド・ジャット島の日曜日の午後
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1884年 - 1886年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ208cm
  • 横幅308cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • グランド・ジャット島の日曜日の午後の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。