作品概要

水先案内船の入り江と東の防波堤、ル・アーヴル、午後、晴天》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1903年から1903年で、マルロー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

制作の背景

ル・アーヴルで描かれた本作および《水先案内船の入り江、ル・アーヴル、朝、陽光、満ち潮》は、死の数か月前にピサロが制作した二作品である。

ル・アーヴルの港は、幼年時代のピサロが、出生地である西インド諸島のセントトーマス島からフランスに到着した港のある町である。財政難だった1903年の春、ピサロは美術収集家たちの嗜好に応える必要があった。彼は、急速に変化する港を描いた連作を描いてほしいというル・アーヴルの美術収集家、ピーター・ヴァン・デ・ヴェルデの提案を受け入れた。

ピサロは港の入り江を見渡すことのできるコンチネンタル・ホテルに滞在し、防波堤をモチーフに選んだ。彼は、ル・アーヴルの町の人々が防波堤を誇りに思っていると感じていた。

都市の風景を描いた連作の一つ

約20点の連作中、この2つの絵画はその最終段階を代表するものである。印象派の創設メンバーであったピサロは、1886年、シニャックやスーラのような新印象派の技術理論に惹きつけられた。小さな色の点を近接させて並べるという点描画法を使って一連の作品を完成させた後、ピサロは1890年に元の絵画スタイルに戻り、以前の作品の特徴である農村というモチーフに加え、都市や港の場面を描き始めた。

ル・アーヴルの港を描いたこれらの作品は、パリ、ルーアン、ディエップなどの賑やかな通りや埠頭を描いた多彩な連作と類似している。

高い視点

ル・アーヴルでは、この時期のほとんどの作品と同様に、ピサロは高い視点から風景を描いた。そこには病気で弱っていた目をほこりから保護するという利点があった。

1903年7月から9月の間、ピサロは窓から見える港の風景を描く3つの異なる連作を描いた。彼はその後10月にパリに戻り、11月に感染症で亡くなった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名水先案内船の入り江と東の防波堤、ル・アーヴル、午後、晴天
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1903年 - 1903年
  • 製作国フランス
  • 所蔵マルロー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ54.5cm
  • 横幅65cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 水先案内船の入り江と東の防波堤、ル・アーヴル、午後、晴天の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。