作品概要

ブージヴァルの家々》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1870年から1870年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ブージヴァルの家々》は、フランスの印象派画家カミーユ・ピサロによって1870年に制作された油彩画である。アメリカ・ロサンゼルスにあるJ・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

図像解説

本作でピサロは、村の家々と、庭の木陰に農民のいる風景を描いた。前景にはバケツを運んでいる女性が、彼の肩に学生かばんをかけた男の子と話している。灰色の空と葉がまばらな木々は、季節が秋であることを示している。

制作の背景

本作は、パリ西部の村ブージヴァルの風景を描いている。ブージヴァルはピサロが当時住んでいたルーヴシエンヌの隣の村である。

1870年代初めのピサロの風景画の多くは、ルーヴシエンヌ周辺の風景を描いたものであった。ピサロは1869年より、ルーヴシエンヌに断続的に住んでいた。そこにはクロード・モネ、アルフレッド・シスレー、ピエール・オーギュスト・ルノワールなどといった画家も住み、あるいは出入りしていた。

描写

モネやルノワールとともに戸外で絵画制作をしたピサロは、ゆるやかに置く筆致で絵画の表面を分けるという新たな技法に従った。印象派の基礎であるこの革新的な技術は、光や動きがどのように対象物の認識に影響するかを明らかにした。

ピサロはキャンバスを質感と動きの領域にした。筆遣いの性質は、それが描写する対象物の質感および形態に応じて変化している。例えば、葉はギザギザの塗り方で描かれ、漆喰の壁は広く滑らかな筆遣いで描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ブージヴァルの家々
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1870年 - 1870年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ88.9cm
  • 横幅116.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブージヴァルの家々の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。