作品概要

シデナムの並木道》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1871年から1871年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《シデナムの並木道》は、フランスの画家カミーユ・ピサロによって1871年に制作された油彩画である。ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

歴史的背景

1870年7月、フランスとプロイセンの戦争、いわゆる普仏戦争が起こった。戦争は1871年5月まで続いた。パリが占領され、結果的にフランスはプロイセンに降伏した。画家カミーユ・ピサロと彼の家族は、プロイセンの侵略とそれに続く市民蜂起(コミューンとして知られている)から避難するため、1870年12月にフランスを出てイギリス・ロンドンに向かった。そして戦争終了後の1871年6月まで、ロンドンのロワー・ノーウッドで過ごした。同時期、画家のモネも同様にロンドンに避難している。

ロンドンでは、美術商ポール・デュラン=リュエルとの出会いがあった。デュラン=リュエルはその後、印象派画家たちの重要な取引相手となった。

本作はロワー・ノーウッドの隣町であったシデナムを描いたものである。この時期に描かれた他の絵画として、《クリスタル・パレス》や《フォックス・ヒル、アッパー・ノーウッド》などがある。

図像解説

この作品は、現在とほとんど変わらないシデナムの風景を描いている。柔らかな青空に向かって葉を伸ばす樫の並木を描くことで、春の初めの空気を描き出している。

技術的分析によると、風景の主な輪郭が最初に描かれ、それが乾燥した後に人物たちが描き加えられたことがわかっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名シデナムの並木道
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1871年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ48cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • シデナムの並木道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。