作品概要

少女の肖像画(ソフィー・グレイ)》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1857年から1857年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ソフィー・グレイという人物

ジョン・エヴァレット・ミレイは、他の風景画や肖像画を描くときに用いていた細部への気配りと感覚的な特徴に同じくらい注意を払って、ミレイの義理の妹をモデルに描いた《少女の肖像画(ソフィー・グレイ)》を発表した。

この主題はいつになく大画面で、彼女のアイス・ブルーの目で凝視に直面し、青ざめた顔色で、青みがかった赤い唇で占めている。彼女の長い茶色の髪は彼女の顔のフレームとなり、暗い背景と彼女の白い肌とは対照的に、ミレイはこの少女のバラ色の頬を除いて肌をほぼ完全に象牙色に塗っている。繊細な光が彼女の顔の左側を照らし、彼女の髪の毛の金髪部分と赤褐色部分のハイライトを強調する。おそらく身分の高い女性であるにもかかわらず、ソフィー・グレイは3本の花とハートの形が刺繍で装飾された控えめな衣服を着ている。

絵に表れたソフィーの階級と威厳

場面の相対的な単純さにもかかわらず、ミレイは、トーンの操作と、主題にたいしての彼のユニークな位置付けを通して、感情的な力と意味を絵に与える。鮮やかで対照的な色が、視聴者の注意を促す。ミレイは、彼女の頬と唇の慎重にブレンドされたピンクと赤の色合いでソフィー・グレイの自然の美しさを高める。

この美しさは、彼女の直接的な視線、若干上向きのあご、そして彼女の顔の近さと相まって、彼女をほとんど威嚇している人物かのように見せる。ミレイの熟練した絵画技術の結果、彼女は自分自身を尊厳があり身分のある女性として当然のこととして受け止めている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名少女の肖像画(ソフィー・グレイ)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1857年 - 1857年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人蔵 (不明)
  • 種類油絵
  • 高さ30cm
  • 横幅23cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 少女の肖像画(ソフィー・グレイ)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。