作品概要

しゃぼん玉》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1886年から1886年で、リバプール国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

石鹸の広告に使われた作品

《しゃぼん玉》は、もともと「子どもの世界」というタイトルだったジョン・エヴァレット・ミレイ卿の絵画である。この絵は、ペアーズ石鹸の宣伝広告イラストとして数多くの世代に使われたことで有名になった。ミレイの生涯の間で、この作品はアートと広告の関係について多岐にわたる議論が行われた。

この絵は、ミレイの晩年に有名になった、子どもを題材に描かれたたくさんの絵の一つであった。絵の中の男の子は5歳の孫であるウィリアム・ミルボーン・ジェイムズがモデルとなり、17世紀のオランダの先駆であった諸行無常を表す架空のヴァニタス(寓意的な静物画)の伝統に基づいていた。これらヴァニタスは、時に頭蓋骨や他の死の徴候に対比させて、しゃぼん玉を吹く小さな男の子を描写する。

二つの会社から求められた絵

作品の中では人生の美しさと脆弱さを象徴し、しゃぼん玉を見上げる若い金髪の少年を描いている。彼の傍らには若い植物が鉢植えで生き生きとしており、もう一つの方向は死の象徴的な壊れた鉢が見える。彼は暗い背景に対して特にスポットライトを当てている。この絵画は1886年にロンドンのグロヴナーギャラリーで《子供の世界》というタイトルではじめ展示された。作品は、イラストレイテッド・ロンドン・ニュースのウィリアム・イングラム卿によって彼の新聞上にこの作品を再現したいということで入手された。

その絵が再現され、週刊新聞で色版として発表されたとき、それをA&F Pears社のマネージング・ディレクターであるトーマス・J・バラットによって見られた。バラットは元の絵をイングラムから著作権の占有権も含めて2,200ポンドで購入した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名しゃぼん玉
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1886年 - 1886年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵リバプール国立美術館 (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ1607cm
  • 横幅2159cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • しゃぼん玉の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。