作品概要

ベラスケス回想》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1868年から1868年で、ロイヤル・アカデミーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ミレイとロイヤル・アカデミー

ジョン・エヴァレット・ミレイスはジャージーで生まれたが、芸術に早熟な興味を示したのことを受けて、両親の判断で家族全員でロンドンを移しミレイが芸術家として訓練できるように環境を整えた。ミレイはブルームズベリーのサスズ・アカデミーに初めて出席し、11歳という最年少でのロイヤル・アカデミー・スクールの生徒となった。1848年にミレイはラファエル前派の創始者の一人としてダンテ・ガブリエル・ロセッティとウィリアム・ホルマン・ハントと仲間になった。

ラファエル前派は当初批判されていたが、ミレイはまもなく一般民衆と美術界の両方から人気を得た。 1853年、ミレイはロイヤル・アカデミーの準会員に選出され、10年後にアカデミー会員になった。彼の学術的な「学位」のための作品に提供された、《カラスノエンドウの寓話》はロイヤル・アカデミー評議会によって拒否された。

彼らには理由はなかったが、現代の批評家はこの作品に失敗があると判断した。その1つにそれを「対立的な絵」と表現していたことがある。数年の空白期間を経て、ミレイは代わりに、無難な主題の絵画《ベラスケス回想》を発表した。この絵においては、表現的な筆使いと広範囲にわたる色使いは、以前のラファエル前派の絵画でかたくなに守られた写実主義とは対照的であった。

ベラスケスの少女画から思いついた作品

この作品は、ベラスケスの描いた17世紀半ばのスペイン人の幼い少女マリア・マルガリータの肖像画からインスピレーションを得ている。彼のキャリアを通して、ミレイは小さな子どもたちをモチーフにした絵を美と真実の無常さの瞑想を呼び起こすために描いた。 1860年代後半まで、この気分と記憶に関する絵画的な興味は、新興の審美主義運動の理想に該当してた

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名ベラスケス回想
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1868年 - 1868年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロイヤル・アカデミー (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ1027cm
  • 横幅824cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベラスケス回想の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。