作品概要

聖バルテルミーの祝日のユグノー教徒》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1851年から1852年で、メイキンズ・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ユグノー戦争の悲劇が題材

この絵画のタイトルは、1572年に聖バルテルミーの大虐殺の歴史的事件を指している。その日には、ユグノー(フランスのプロテスタント)が宗教のためにパリとフランスの一部地域で虐殺された。その日、一部のユグノーは、白い腕章を身に着けてパリから脱出し、ローマカトリックのシンボルを示すことによって危険から身を守った。16世紀の間、ユグノーはフランスに大きな影響を与え、よりオープンに信仰を表明し始めた。その結果カトリック教徒の敵対心が高まり、いわゆるユグノー戦争として知られている一連の宗教紛争で爆発した。

恋人たちを引き裂く大虐殺

この絵は、2人の恋人がロマンチックな抱擁をする情熱的で意味ありげな場面を描いている。絵の右側の若い男はタイトルのユグノーである。一見すると、シーンは甘くて親しみがあるように見えるかもしれないが、よくこの作品を見るとドラマチックな細部を見ることができます。実は、愛する人に白い腕章を身につけようとしているこの女性は、彼の人生を救うための静かな試みを必死に行っている。

ローマカトリックへの忠誠の象徴として、腕章は若者が殺されないように守ることができるが、彼は彼女を抱きしめながら優しく左手で腕章を取ってそれを着用することを拒否する。この絵画の形式的なことを言うと、暗い色、主に黒と濃緑色が特徴的で、唯一の白い部分は白い腕章である。ミレイは、不確実な中の唯一の光と希望はこの腕章だという状況に込められた感情や意味を基本的に色で伝えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名聖バルテルミーの祝日のユグノー教徒
  • 分類絵画
  • 制作年1851年-1852年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵メイキンズ・コレクション (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ927cm
  • 横幅622cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖バルテルミーの祝日のユグノー教徒の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。