作品概要

花嫁の付き添い》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1851年から1851年で、フィッツウィリアム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ビクトリア朝時代の伝統を描く

ミレイは1860年にジョシュア・レイノルズ卿の影響を受けた緩いスタイルを採用して、最終的にラファエル前派を放棄した。レイノルズは、ラファエル前派にとって初期の敵であり、影響の大きいな芸術家のだらしないスタイルとロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの創設者を批判した。 ミレイの影響を受けたアーティストには、ジェームス・アーチャーとジョセフ・ノエル・パトロンが含まれている。

1851年に描かれた《花嫁の付き添い》は、ビクトリア朝の結婚の多くの伝統の1つを示している。 ビクトリア朝時代の人々は、もしブライズメイドがウェディングケーキの上に指輪を9回通過させたら、彼女は真実の愛の予想図を見ると信じていた。これはミレイの絵に描かれている儀式である。これは、絵画のなかの唯一の象徴的なものではなく、女性の胸のオレンジ色の花は貞操を表している。

絵に隠されたエロティシズム

また、この女性の顔に恐怖がほのめかされ、彼女が未来を考えているという感覚を与えている。もっと最近のミレイの絵画の研究者は、隠された性的なイメージを指摘した。そして、《花嫁の付き添い》では、男性のシンボルの形を思わせる砂糖入れが女性の未来の恋人を示した可能性がある。このオブジェクトは、作品の対称的な構成を乱し、視聴者の関心を引く。

《花嫁の付き添い》はまた、長い髪の女性を描写しがちなミレイの傾向を示している。《マリアナ》、《オフィーリア》、《エスター》、《ソルウェイの殉教者》の女性のように、ブライドメイドは憧れと夢みるような見た目をしている。ミレイはまた、《花嫁の付き添い》のように、不安がった様子の女性を単独で描く傾向があった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名花嫁の付き添い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1851年 - 1851年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵フィッツウィリアム美術館 (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ279cm
  • 横幅203cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花嫁の付き添いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。