作品概要

グレンフィンラスのジョン・ラスキン》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1853年から1854年で、アシュモレアン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ラファエル前派を支えたラスキン

ジョン・ラスキンは初期のラファエル前派運動の強力な支持者であり、その運動の成功の大半は芸術家たちの革新的で創造的な仕事への熱意と信念が理由だった。この絵画は自画像で、田舎の風景の中ラスキンは、小さな滝の集まっている滝の前に立っている。彼はカジュアルなポーズをとっていて、脚を岩の上に置いて脚を一つ持ち上げている。この場所はスコットランドのグレンフィンラスの風景で1853年にミレイとラスキンが二人が一緒に夏を過ごした時と考えられている。唯一論理的なのは、ラスキンは当時岩石の構造について調査の指揮をしていたので岩の近くに彼が描かれていた。

風景画であり肖像画でもある本作品

絵を見ると、ラスキンは自然に囲まれていて、背後には滝が背景にあり、背後には岩が咲き誇る山々がある。ラスキンは彼の愛する自然界の一部であるように見える。これはつまり、すべてのアーティストが自然界に憧れ、完全に没頭してアートを創り出すべきというアート批評家の哲学でもあった。ラスキン自身はアマチュア画家であり、地質学的な発見を楽しんだ。

絵画は主に自画像だが、風景画でもあり、ラスキンの自然愛情を反映している。これは時代の芸術運動の新しい方向性であり、観察者が芸術をどのように見ていたかを変えるのに役立った。景観の中で肖像画の組み合わせは、ゲインズボロとフリードリッヒの多くの作品を思い出させるだろう。ミレイはまったく同じように風景を描くがそのためには、彼を取り巻く空気と草を感じ、嗅ぎ、味わう必要があるという点で、その性質から離れなければならないことが重要であった。グレンフィンラスにいる間にラスキンの自像画のスケッチを描いただけでなく、周囲の景観の細部を描いていると考えられている。この絵画は、ロンドンのミレイのアトリエで完成した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名グレンフィンラスのジョン・ラスキン
  • 分類絵画
  • 制作年1853年-1854年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵アシュモレアン美術館 (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ789cm
  • 横幅679cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • グレンフィンラスのジョン・ラスキンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。