作品概要

ロレンツォとイザベラ》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1848年から1849年で、ウォーカー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

絵の題材について

裕福なフィレンツェの商人の兄弟たちは、彼らの姉妹であるイサベラのために、貧しい見習いのロレンツォとの恋愛に反対した。兄弟は後でロレンツォを殺害したが、イザベラは彼の体を見つけ、頭を切り落とし、それをバジルの鉢に葬った。

この物語は、14世紀イタリアの作家、ボッカチオをもとにしたジョン・キーツの詩からのものである。キーツの豊かな中世のイメージは、ラファエル前派の画家たちのお気に入りの詩人となった。これはミレイの新しく鋭く詳細なラファエル前派のスタイルを使用した最初の絵である。

鮮やかな色彩、絵画空間の平坦化、意図的な剛性と角張りは、イタリアの初期の絵画から得たすべての特徴であった。物語は明確な身振りや表情で語られるが、ミレイには、羽を引き裂く鷹、イザベラに与えたブラッドオレンジ、頭の上のトケイソウなど、象徴的な詳細も含まれている。

殺人の前兆

この絵画の前景では、イザベラの兄弟はテーブルの手前に座り彼の足を伸ばして、主人の膝になついてもたれかかる猟犬を蹴ろうとしている。この動物の顔の表情は歯をむき出しにして顔をゆがめ、暴力的に蹴っているのと同時にナッツ割りに夢中になっている犬への攻撃者と著しく対照的である。

彼はこの労働に打ち込んで残虐性を隠しだます前に、こぶしを握り、ナッツの殻を粉々にしてテーブルの上に散らばらせた。最終的にロレンツォを殺すグループのリーダーとして彼を見なすことは難しくはない。残りの家族の表情は残酷ではないが、誇張して直立した姿勢で彼らが独善的な満足感があることを示唆している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名ロレンツォとイザベラ
  • 制作年1848年-1849年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ウォーカー美術館 (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ1030cm
  • 横幅1428cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ロレンツォとイザベラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。