作品概要

積みわら》は、画家のエドゥアール・ヴュイヤールによって制作された作品。制作年は1907年から1908年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《積みわら》は、19世紀から20世紀のフランスの画家であり、ナビ派のひとりにかぞえられるエドゥアール・ヴュイヤール(1868-1940)によって1907年から1908年にかけて制作されたテンペラ画である。《積みわら》は、《ライラックの木々》と《小道》と同じく、ビベスコ兄弟の依頼で1900年から1908年の間に制作された。

愛用のカメラ

本作の場面は、夏の休暇で、カルヴァドス県にあるアンフルヴィルで、エセル夫妻と過ごした時の記憶から想起されている。ヴュイヤールは、自らの友人を頻繁に作品に登場させている。画面右には、リュシー・エセル、真ん中が画家の従兄のマルセル・アロン、画面左が後にマルセルの妻となるトリスタン・ベルナールが配されている。

積みわらと若い婦人の構図は1907年の夏にヴュイヤールが撮影した写真のものと一致する。1897年にコダック社製の小さな自動カメラを購入して以降、記憶を助けるものとして写真を絵画制作に使用した。トリスタン・ベルナールのポーズは、ノルマンディーでの砂浜でくつろいでいたときの写真を参照している。

モネの《積みわら》

1890年代に入ると、ヴュイヤールはナビ派の原理(単純化した形の平面作品)に従って制作していた。だが、1900年以降、自然風景に興味を抱いた。これは印象派の影響を受けたものと思われる。

本作は、モネの《積みわら》を思い起こさせる。初期の頃の作品《公園》なとど比べると、カンバスに光がさしこみ、空間の広がりを感じさせる。従来のディスデンパー画法を使ってはいるが、マットな仕上がりのなかに、陽光が降り注ぐ日の色彩の揺らめきを生みだしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・ヴュイヤール
  • 作品名積みわら
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1907年 - 1908年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類テンペラ
  • 高さ235cm
  • 横幅165cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 積みわらの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。