作品概要

エルミタージュの丘、ポントワーズ(1867年)》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1867年から1867年で、グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

主題

描かれている風景は、フランスのポントワーズにあるエルミタージュ地区の家々と曲がりくねった村の道である。カミーユ・ピサロは、1866年から1883年の間ポントワーズに住んでいた。その首都近郊の田園風景を描くことで、初期の傑作と呼ばれる大規模な風景画たちを制作した。

ピサロの描く牧歌的な風景には、自然主義画家が感じ取る現実だけでなく、村人やきちんと世話の行き届いた庭園などで満ちている。それは、ニコラ・プッサンの寓意画から、ピサロとともに絵画制作をしたポール・セザンヌの初期キュビスム的風景画にまで及ぶ、フランスのアカデミーによる伝統的風景画の継続である。

ピサロの描く風景画

ピサロは、先人たちが描いた風景の中から、歴史的または感情的な意味を取り除いた。そして光と闇を使い、日光と影の影響に単なる関心以上のものを示した。理論家としてのシャルル・ブランは、このタイプの表現は「単に形式を緩和するのではなく、画家が表現したいと思う感情に対応するためのものであり、自然の法則や道徳的な美のしきたりに従っている」と書いている。

時代的背景

ピサロがエルミタージュで利用した絵画的な技法は、ギュスターヴ・クールベ、エドゥアール・マネ、バルビゾン派によって成り立ったものだが、同時にそれは時代の産物でもあった。本作が描かれた年、マルクスは「資本論」を出版している。ピサロは絵画の主題として、多くの批評家が下品な選択とみなした階級の人々を描くことを選んだ。

ピサロの後年の社会主義的な共感は別として、伝統的なアカデミー絵画の領域を避けていた。アカデミー絵画は、彼が描写しようとしていた現実世界から遠く離れた場面を描いたものばかりであった。本作に描かれているのは現実的な田園風景の場面であるが、真実を描き出したいというピサロの模索は成就していないようである。

ピサロはその後すぐに、印象派の特徴であるゆるやかな筆運びや空気の効果というこうした写実主義的な技法を放棄することになる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名エルミタージュの丘、ポントワーズ(1867年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1867年 - 1867年
  • 製作国フランス
  • 所蔵グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ151.4cm
  • 横幅200.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エルミタージュの丘、ポントワーズ(1867年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。