作品概要

火を起こす農民の少女》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1888年から1888年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《火を起こす農民の少女》は、同じくオルセー美術館所蔵の《小枝を持つ少女、座る農家の娘》(1881年)、《緑のスカーフの女》(1893年)と比較することができる。農民の女性は、ピサロの最も個人的かつ創造意欲をかきたてる主題の1つであり、ミレーの描く農民への共感を反映したものでもあった。

制作の背景

この作品を描いたとき、ピサロは依然として、印象派運動の中心的かつ主要なメンバーであった。しかし1886年以降、ピサロは若手画家たちの実験的な作品に興味を持ち、ジョルジュ・スーラが試みていた点描画法と同じような断片的な筆遣いを採用し、作品を制作した。

1887年と1889年に、ピサロはベルギーの画家グループが主催していたブリュッセルの20人展に招待された。ピサロは本作で1889年の20人展に参加している。

新たな技法の模索

ピサロはすぐに新印象派や新しい表現形式から離れることになる。彼は、「可能な限り色の法則に従う」という筆遣いの過度の断片化を避ける妥協案を模索した。

ポール・シニャックが日記で次のように指摘したように、このようなあいまいさには限界があった。「彼は我々の対立・対照的な技術に求めるものを見つけることができなかった。彼は多様性の中に調和を探し、我々は調和の中に多様性を探求した」

結果として現れたのは、筆の細かいメッシュが緻密な物体を形成し、柔らかく統一された発光効果をもたらすという、ピサロ独自の手法であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名火を起こす農民の少女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1888年 - 1888年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ92.8cm
  • 横幅92.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 火を起こす農民の少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。