作品概要

クリスタル・パレス》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1871年から1871年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《クリスタル・パレス》は、カミーユ・ピサロによって1871年に制作された油彩画である。シカゴ美術館に所蔵されている。

歴史的背景

1870年7月、フランスとプロイセンの戦争、いわゆる普仏戦争が起こった。戦争は1871年5月まで続いた。パリが占領され、結果的にフランスはプロイセンに降伏した。画家カミーユ・ピサロと彼の家族は、プロイセンの侵略とそれに続く市民蜂起(コミューンとして知られている)から避難するため、フランスを出てイギリス・ロンドンに向かい、戦争が終わるまでロワーノーウッドで過ごした。

ピサロはその隣町であったシデナムで、ガラスと鉄骨で作られた建築物、クリスタル・パレスを描いた。

世界最大の建築物

クリスタル・パレスは元々、1851年にジョセフ・パクストンがロンドンのハイドパークで行われた第1回万国博覧会の会場のためにデザインしたものであった。モダン建築として高く評価されたが、すぐに解体され、1854年にシデナムで再建された。多くの来客でにぎわったが、ピサロがこの絵画を描いた1870年代には人気が衰え始め、1909年に破産した。建物はその後、1936年に火事で焼失した。

描写

この小さな油彩画で、ピサロは世界最大の建築物と見なされていたクリスタル・パレスを画面の端に追いやり、道を行く家族の「モダン・ライフ」的な光景や、より新しい建築である中流階級の家々、四輪馬車に等しい価値を置くように描いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名クリスタル・パレス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1871年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵シカゴ美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ47.2cm
  • 横幅73.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • クリスタル・パレスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。