作品概要

エネリーの道》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1874年から1874年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

素朴な田舎の風景

ピサロとその家族が1883年まで住んでいたポントワーズのエルミタージュ通りは、オワーズ川の岸辺とエネリーへの道の間を通っていた。本作ではピサロはポントワーズの大きな町に背を向け、近隣の村の素朴な雰囲気に身を浸している。

しかし彼が描いたこの風景に、近代的な発展がまったく見られないわけではない。実際、この隆起した道路と小さな橋は、ちょうど再舗装されたところであった。しかし、これらの開発は自然の景観に混ざり、調和と穏やかな暖かさを乱すことはない。

描写

横長の画面は、鑑賞者が荷車や人々のゆっくりとした歩調を感じられるよう、伸び広がっている。ボンネットやロングドレス、青いジャケットにキャップなどを身に着けた農民たちは、クールベやミレーが彼ら自身の考えから決して離れずに作品の制作を続けたことを思い出させる。

彼の曾祖父ヨアキム・ピサロに捧げられた作品たちは、絵画の中に動きのある登場人物を取り入れ、世界に動きと原動力をもたらし、安定したものにするという手法を際立たせた。本作はこの動きと永続性、農村の力強さと自然の揺らぎを巧みに組み合わせた素晴らしい一例である。

自然のとらえ方

この広い青空の風景画は、美術評論家テオドール・デュレによる1878年の著作に登場している。彼は、ピサロの印象派作品は、「一瞬のイメージから遠く離れている」と非常に早い時期に定義し、次のように述べている。「彼は、自然を簡潔化し、さらにその永続的な側面を通してそれを見ている。ピサロの絵画は空間と孤独感を鮮やかに伝え、そこから憂鬱な印象を引き出している」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名エネリーの道
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1874年 - 1874年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ55cm
  • 横幅92cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • エネリーの道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。