作品概要

ポン・ヌフから見たルーヴル宮殿、霜の降りた冬の朝の陽射し》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1901年から1901年で、ホノルル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ポン・ヌフから見たルーヴル宮殿、霜の降りた冬の朝の陽射し》は、カミーユ・ピサロによって1901年頃に制作された油彩画である。ハワイのホノルル美術館に所蔵されている。

田舎から都市の風景へ

カミーユ・ピサロは1893年以降、それまでの作品のほとんどを占めていた田舎の風景というモチーフから離れ、パリ、ルーアン、ル・アーヴル、ディエップといった都市の風景を描くことに専念するようになった。

1893年にパリで連作の制作を始めると、主題にはサン・ラザール駅、モンマルトル大通り、チュイルリー庭園など、多くの人で賑わう場所が選ばれた。その後ピサロは静かな場所に向かい、セーヌ川とルーヴル宮殿の作品を描いた。

焦点の変化

ピサロは晩年期になると、光と大気の影響の変化、気候の変化、季節の経過に焦点を当てて作品を描いた。その生涯の最後の10年間において、ピサロの作品の中では特に空や水が新しく重要な役割を担うようになった。それ以前よりも、光を観察して描写するということに関心を寄せていたようである。

図像解説

本作は、パリの中心を走るセーヌ川を見下ろす、シテ島ドフィーヌ広場のアパートの2階からの眺めを描いた、少なくとも42作の連作の1つである。

前景では、2人の人物がポン・ヌフのテラスに沿って歩いている。中央にはポンデザール橋があり、そのむこうにルーヴル宮殿が見える。画面は冬の早朝の冷気に満ちており、震えているようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ポン・ヌフから見たルーヴル宮殿、霜の降りた冬の朝の陽射し
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1901年 - 1901年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ホノルル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ73cm
  • 横幅92cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ポン・ヌフから見たルーヴル宮殿、霜の降りた冬の朝の陽射しの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。