作品概要

白い霜、ポントワーズ》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1873年から1873年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白い霜、ポントワーズ》は、カミーユ・ピサロによる油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

印象派作品としての構成

ピサロの傑作の1つと考えられている本作《白い霜、ポントワーズ》は、1874年の第1回印象派展で展示された5点の作品のうちの1つである。ピサロが当時住んでいたポントワーズの農夫が描かれている。

新印象派の技術にとって重要な色の調和に重点が置かれているが、本作の真価は、印象派の絵画構成に焦点を当てている点である。ポール・セザンヌは、印象派運動に欠如していた基礎的な構成について、「われわれは、印象派を美術館の作品のようにしっかりとしたものにしなければならない」と言っている。

しかしセザンヌの援助者であったピサロは、歩道を横切る明るい地面や規則的な間隔で並ぶ樹木を使うことで、バランスのとれた構図を作り出した。冷たい色調と斜めの消失点は画面にスムーズに溶け込んでおり、鑑賞者の注意は人物に向かうことになる。

描写

筆の密度は、空気がもはや流れていないような、小さく閉鎖的な風景を作り出している。この感覚は、構成にリズムを与える斜線によって強調されている。荷を運ぶ人物は、この冬の風景の重さにより、さらに重いものを負っているように見える。

ピサロの技術は、対象物によって作られた印象に貢献している。太い筆運びや、当時のモネの作品よりも不正確な光の描写にもかかわらず、本作は冬の日のある瞬間を捉えていることで、印象派の性質を帯びていると言える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名白い霜、ポントワーズ
  • 分類絵画
  • 制作年1873年-1873年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65cm
  • 横幅93cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白い霜、ポントワーズの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。