作品概要

謝肉祭、日没、モンマルトル大通り》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、ヴィンタートゥール美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《謝肉祭、日没、モンマルトル大通り》は、カミーユ・ピサロによる油彩画である。スイスのヴィンタートゥール美術館に所蔵されている。

この作品は、さまざまな季節や時間のパリのモンマルトル大通りを描いた14の連作の1つである。

窓から見下ろしたモンマルトル大通り

エラニーの農村で6年間過ごした後、ピサロはパリに戻り、モンマルトル大通りの連作を描いた。1897年初め、大通りを見下ろすホテルのバルコニーの窓からの眺めを見て、ピサロは「モンマルトル大通りの全長を見渡すことができる」「大きな木々の間を走る馬車、乗合自動車、人々、まっすぐに並んだ大きな建物など、ほとんど鳥の視点で見ることができる」と驚嘆した。

主題

カーニバル・ド・パリとも呼ばれる、19世紀の謝肉祭の行列を描いている。行列は下の通りから遠くまで壮大に広がっている。カーニバル・ド・パリには、パリ・オペラハウスの仮面舞踏会の前のパレードも含まれていた。

描かれた風景は、屋外の自然の美しさを現す「新しいパリ」の印象に焦点を当てている。

都市への注目

ピサロのインスピレーションと芸術的な技法は、さまざまな環境から絶えず進化していた。彼は人生で最も影響を受けた2人、クロード・モネとポール・セザンヌに紹介されたアカデミー・シュイスで絵を学んだ。

ピサロは作品のために新しいインスピレーションと方向性を求め、頻繁に引っ越した。パリに戻るのを待たずして、彼の注目は田舎の風景よりも、秩序、比例、構造の重要性を強調した都市景観へと移った。本作はその一例である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名謝肉祭、日没、モンマルトル大通り
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ヴィンタートゥール美術館 (スイス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ54cm
  • 横幅65cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 謝肉祭、日没、モンマルトル大通りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。