作品概要

カバとワニの狩り》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

『カバとワニの狩り』は、3匹の狩猟犬がカバとワニを狩る様子を描いたピーテル・パウル・ルーベンスの絵画である。左上にはヒョウの毛皮を身に着けた馬が描かれている。ルーベンスは迫力と躍動感を高めるために対角線の演出を用い、絵の下半分に見る者の視線を向けるように促している。

『カバとワニの狩り』はルーベンスによって描かれた4つの狩りの絵のうちの1つである。これら4つの絵はかつてのシュライスハイム城の装飾画としてマクシミリアン1世が依頼した。
4つの絵すべてがナポレオン戦争の最中に奪われてしまったが、この『カバとワニの狩り』だけが戦争後にミュンヘンに返還された。

「リアリスティックな傑作だ。しかし、動きはもう少し工夫できただろう」と1847年1月25日の記事で絵の中のワニについてドラクロワは評論している。

基本情報・編集情報

  • 画家ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名カバとワニの狩り
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • カバとワニの狩りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。