作品概要

エラニーの干し草収穫》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1887年から1887年で、ゴッホ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

カミーユ・ピサロが描いた鮮やかなパステルカラーが印象的な本作は、画家が住んでいたエラニーで干し草を収穫する人々の姿を描いている。干し草と農民は、動的な構成のもとに描かれている。この作品は、夏の日の光を巧みに伝えるコ対照的な色の点と、短い筆運びを用いて制作されている。

制作の背景

1884年、ピサロはポントワーズから3マイル南にある農村、エラニーに住み着いた。1880年代、ピサロは新印象派画家のポール・シニャックとジョルジュ・スーラの生徒であり教師でもあった。本作《エラニーの干し草収穫》は、技法や色調において彼らの協力による実験の結果を示している。

注目すべきは、何人かの印象派画家が1880年代以降の動きから遠ざかったにもかかわらず、ピサロだけがここに見られる新印象派のスタイルに移行する唯一人の画家ということである。これまで以上に、短い点状の筆遣いは、風景や人物を共に織り交ぜながら、点描画法と同質のものを示している。

描写

本作は、イギリスの風景画家ジョン・コンスタブルの雲のスケッチを思い起こさせ、モネのルーアン大聖堂の連作を予告している。ピサロは季節的条件が色彩に及ぼす影響を研究し、一年を通してさまざまな季節によって同じ主題を描き分ける作品を多数制作した。

本作は、干し草の半円形と農婦の持つ道具の鋭い対角線によって慎重に構成されている。服装はフランスの田園地帯の衣服であるが、その平和な環境には特定の場所を示すようなランドマークがなく、農民の顔に個性を持たせないことによって一定の普遍性を描き出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名エラニーの干し草収穫
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1887年 - 1887年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ゴッホ美術館 (オランダ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ53cm
  • 横幅66cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • エラニーの干し草収穫の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。