作品概要

ジャレの丘、ポントワーズ》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1867年から1867年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ジャレの丘、ポントワーズ》は、フランスの画家カミーユ・ピサロによって1867年に制作された油彩画である。アメリカのメトロポリタン美術館に所蔵されている。

制作の背景

ピサロは、1866年にポントワーズに移住する。フランコ・プルシアン戦争時、政治に関与していた画家としてロンドンに避難するが、その後1883年までピサロは断続的にポントワーズに滞在した。それはピサロが最も純粋に印象派として活動した時代だった。

その間、セザンヌやゴーギャンなどを家に受け入れて援助した。ゴーギャンは、1881年にピサロとともに過ごしながら、初期の作品《ピサロの庭、ポントワーズ》(1881年)を描いたことで有名である。またポール・セザンヌも、1870年代初めにルーヴシエンヌでピサロとともに絵画制作をしていた際、ピサロの作品を模写して印象派の技法を学んでいる。

評価

本作は、1868年のサロンに展示されると、フランスの作家エミール・ゾラにより以下のように賞賛された。 「これは現代の田園地帯である。/この小さな谷、丘は、雄大な実直さを持っている。/よくある現実の風景から、画家の性分は生命と強さのたぐいまれな詩を描き出した」

批評家や作家による本作の積極的な受け入れは、19世紀後半にピサロをアヴァンギャルド画家に位置付けることとなった。しかしピサロはすぐに、独立した印象派展に作品を展示することを選び、サロンに背を向けることとなる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ジャレの丘、ポントワーズ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1867年 - 1867年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ87cm
  • 横幅114.9cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャレの丘、ポントワーズの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。