作品概要

ルーヴシエンヌのヴェルサイユへの道》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1869年から1869年で、ウォルターズ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ルーヴシエンヌのヴェルサイユへの道》は、フランスの画家カミーユ・ピサロによって1869年に制作された油彩画である。アメリカのウォルターズ美術館に所蔵されている。

制作の背景

1869年、ピサロは印象派が頻繁に訪れたパリの北西に位置する郊外の村、ルーヴシエンヌに定住した。1870年代半ば、ピサロはここで印象派としての技術を開発し、その高みに達することとなる。ピサロはしばしば、ヴェルサイユに向かう道のある村の北側に位置した自分の家とアトリエを、さまざまな季節や気候条件で描いた。

フランコ・プルシア戦争(1870〜71)中にパリが包囲されていたとき、プロイセン人兵士はピサロの家に駐屯し、初期作品のほとんどを破壊した。生き残った数少ない作品の一つであるこの絵画は、ピサロと同じくこの場所に惹きつけられ、たびたび客として訪れていたクロード・モネとの相性の良さを反映している。

図像解説

この初期印象派作品の中で、ピサロは冬のある瞬間を捉え、敏速な色の点を用いて場面を描いた。新雪の上に伸びる人物の長い影は、冷たい冬の光の効果を探求している。木の枝や村人のカラフルな衣服などにおいて識別できる筆づかいの鮮やかさと厚さは、ピサロが最終的にセザンヌに伝えた基本的要素の一種である。

絵の具がなめらかに塗られた空と、雪で覆われた地面は、実験的で荒削りな印象派画家としての美意識につながる、自然主義へのピサロの転換を示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ルーヴシエンヌのヴェルサイユへの道
  • 分類絵画
  • 制作年1869年-1869年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウォルターズ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ38.4cm
  • 横幅46.3cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルーヴシエンヌのヴェルサイユへの道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。