作品概要

耳の聞こえない女の家とエラニーの鐘楼》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1886年から1886年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《耳の聞こえない女の家とエラニーの鐘楼》は、フランスの画家カミーユ・ピサロによって1886年に描かれた油彩画である。インディアナポリス美術館に所蔵されている。

点描画法の実験をしていた短い期間に作成された、エラニーの隣家の庭の景色である。ピサロは、1884年よりパリ郊外のエラニーに定住していた。

新しい技法

この絵画は、ピサロ家の隣の庭を描いている。レンガ造りの家とその背後にある教会の尖塔が描かれている。

これはピサロが描いた点描画の傑作の一つであり、安定した筆使いや新印象派の色理論の精細な把握を伝えている。明るい夏の太陽を再現するためのローズ、オレンジ、黄色の点に対し、影を描いた深い緑色、紫色、青色が明確なコントラストとなっている。

この新しい技法における霧状の色の効果は、驚くべき光や輝く色など、キャンバスから放射される鮮やかなエネルギーとなっている。

スーラの点描画法

1885年の秋、ピサロはジョルジュ・スーラと出会い、彼の斬新な新印象派作品に魅了された。彼は、光学に関する研究から生まれたスーラの原理を印象派の論理的拡張であると考え、同僚や美術商からは不評だったスーラの革命的な技法、点描画法を採用した。1886年の夏、ピサロの熱意の高まりの中、本作は描かれた。彼は本作を誇りに思い、1887年に展覧会に提出した。

しかし、ピサロは非常に労力を要するこの技術に疲れ、1889年には印象派に戻った。したがって本作は、そのサイズ、品質、希少性のために三重に貴重な作品といえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名耳の聞こえない女の家とエラニーの鐘楼
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1886年 - 1886年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65.09cm
  • 横幅80.96cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 耳の聞こえない女の家とエラニーの鐘楼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。