作品概要

ポントワーズ近郊、オワーズ川》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1873年から1873年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ポントワーズ近郊、オワーズ川》は、フランスの画家カミーユ・ピサロによって1873年に制作された油彩画である。インディアナポリス美術館に所蔵されている。ポントワーズの近くにあるオワーズ川を描いている。

図像解説

印象派の初期に描かれたこの田舎の風景画は、晴れた日の銀灰色の空気の状態を描写するために、優しく光る色調や、ゆるやかな筆遣いで描かれている。表面の質感は感覚的だが、ピサロの特徴である堅実な構成は、道、川、畑、空を強固に固定している。工場、煙突、鉄道、平底荷船などは、フランスの風景に対する産業化の浸食の明確な兆候として描かれている。

産業化という歴史的背景

フランコ・プルシアン戦争時、政治に関与していた画家として、ピサロはロンドンに避難した。安全に帰国できるようになった後、1872年にポントワーズに住み着いた。ピサロが最も純粋に印象派として活動した時代だった。

彼は1873年にオワーズ川沿いの連作を描いた。小川に沿った工場は、この風景において重要な役割を果たしている。風景画への「現代」の露骨な浸食は、まだ荒らされていない自然とともに描かれた。

背景にある工場は他のものと比較して軽視されているが、曇りの平凡な河岸においては重要な役割を持っている。工場は、伝統的に対照的な要素を取り入れる義務があった現代絵画の目的であったというよりも、その建造物に対する画家の感情を描いたものと言った方がよさそうである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ポントワーズ近郊、オワーズ川
  • 分類絵画
  • 制作年1873年-1873年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ38cm
  • 横幅55.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ポントワーズ近郊、オワーズ川の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。