作品概要

ルーアンのボワエルデュー橋、雨》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、アートギャラリー・オブ・オンタリオに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ルーアンの風景

《ルーアンのボワエルデュー橋、雨》は、カミーユ・ピサロによる1896年の絵画で、アートギャラリー・オブ・オンタリオに所蔵されている。ボワエルデュー橋と、その周囲のふ頭を描いたピサロの連作の一つである。

ピサロは1896年にルーアンで過ごし、その地域の産業の近代性を描いた。ピサロは1883年にもルーアンに旅行をしており、その時に連作のひとつを描いている。

1896年の旅行では、1月から4月までルーアンのホテル・ド・パリに滞在しており、この絵画はその時期に制作された。部屋からはセーヌ川を見渡すことができ、本作はそこから見た風景を描いている。

描写

描かれているのは、1885年に完成した鉄橋ボワエルデュー橋である。川の向かいにはオルレアン駅とカルノー広場がある。

この絵は、伝統的な風景画を越える動きに対するピサロの関心を示している。ルーアンを描いた連作は、青々とした田園風景の代わりに現代都市の喧騒に焦点を当てている。

本作は、ポスト印象派と点描技法に対する十年間の実験後に描かれた、印象派への回帰作といえる。ピサロはせわしい工業地区の眺めを意図的に探し求め、ホテルから見える風景がさまざまな光や天候によって姿を変える様子を数多く描き出した。

ピサロの手紙

その年に書かれた手紙では、ピサロ自身が次のように本作の説明をしている。

「テーマは、雨が降るブルス広場近くの橋、往来する人々の群れ、ボートの煙、クレーンと埠頭、前景の労働者、そして雨の中で輝く灰色のものすべてである。/とりわけ興味深いのは、乗り物、歩行者、堤防の労働者、ボート、煙、遠くの霧などで飾られた悪天候の鉄橋だ。それはとても活発で、生き生きとしている」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名ルーアンのボワエルデュー橋、雨
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵アートギャラリー・オブ・オンタリオ (カナダ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ73.6cm
  • 横幅91.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルーアンのボワエルデュー橋、雨の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。