作品概要

鏡の中の少女》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

作品背景

この絵画の主題であるマリー=テレーズ・ワルテルと出会った時、ピカソは既婚者であった。マリー=テレーズは、1930年代にピカソが最も好んだ主題であり、この絵画の中でピカソは、ピカソが見ているマリー=テレーズと、マリー=テレーズが見ている鏡の中の自分自身との違いを表す為に、色彩と象徴的な形状とを用いて描いた。この作品はピカソ作品において官能的作品とされ、様々な反響を呼び、多様な解釈がなされている。

作品詳細

この絵画に描かれている鏡を見る女性と、鏡に映った女性の姿の違いが、この作品の解釈の核となっている。女性は、なめらかな肌と大きな瞳を持った美しい女性として描かれている。この女性をより美しくしているのは色彩である。洗練された色で塗られた顔の部分は、鏡の中の荒く塗られた顔と同化し、かえって二つの違いが強調されている。

基本情報・編集情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名鏡の中の少女
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鏡の中の少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。