作品概要

村祭り》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1639年から1639年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《村祭り》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1639年にて描いた油彩画作品である。

現在この作品は、フランスのパリにあるルーヴル美術館にて所蔵されている。しかし、その保存されている作品が初版のものであるかはまだ疑問である。

作品の歴史について

クロード・ロランは自分が描いた作品を記録した「真実の本」と言う名の画集を保存していた。

その《真実の本》によると、《村祭り》は、当時のローマ教皇であるウルバヌス8世のために描かれた作品である。また、他の事典によると、ロランはウルバヌス8世のために《日没の海港(夕暮れの港湾風景)》と言うもう一枚の作品も描いていた。

そして、記録によると、後の1978年にて、《村祭り》と《日没の海港》は、両方ともバルベリーニ家族によって売られてしまっている。この情報からすると、現在ルーヴル美術館にて所蔵されている《村祭り》は、ロランが最初に描いた物でなく、その後に再版されたサイン入りのレプリカとなる。

作品のスタイルについて

《村祭り》は、ロランがキャリア初期に描いた作品である。その頃、ロランはフランドル絵画の影響を受けており、この作品にも反映されている。

この絵の構図は、中央部分に木々が並んでおり、その両側に光が射し込む開口部が描かれている。このような描写は、ピーテル・ブリューゲル時代のフラマン派の風景画家がよく使用いた。同じくローマを拠点とする画家であるポール・ブリルもこの構図方法を多用しており、ロランもこのスタイルを後継している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名村祭り
  • 制作年1639年-1639年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩画
  • 高さ103cm
  • 横幅135cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 村祭りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。