作品概要

ベルシャザールの饗宴》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ベルシャザールの饗宴は、レンブラントの絵画作品である。旧約聖書ダニエル書の「ベルシャザール」と「壁に字をかく指」を基にした作品となっている。ロンドンのナショナル・ギャラリーで展示されている。

レンブランドは、この作品を通じて、バロックの歴史画家としての地位を確立しようとした。

アムステルダムのユダヤ人街に住んでいたレンブランドは、この作品に書かれているヘブライ語の表記を「友人であり、ラビや印刷業者として活動していたMenasseh Ben Israel(日本語表記不明)が所有していた本のヘブライ語の碑文から拝借した。一部誤字もあったので、その誤字を切り離して、ヘブライ語の文と共に絵に配置している」としている。

この誤字は、ダニエル書に出てくる、「垂直に描かれているためにダニエルにしか解読できない文字」を指しているのではないかとする説もある。また、バビロニア人が母語を読めなかった理由を暗示しているのではないかという説もある。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名ベルシャザールの饗宴
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベルシャザールの饗宴の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。