作品概要

ジャンヌビリエの道》は、画家のポール・シニャックによって制作された作品。制作年は1883年から1883年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ジャンヌビリエの道》は、フランスの新印象派の代表的画家ポール・シニャック(1863-1935)によって1883年に制作された油彩画である。フランスのオルセー美術館に所蔵されている。

尊敬する巨匠モネ

1880年当初から、ポール・シニャックは都市の風景描写を特に好み、モンマルトルやパリ郊外の景色を描いた。特に、母親といっしょに暮していたアニエールが多かった。パリの北にあるジャンヌビリエは、そんなシニャックの興味を示す一例だ。広々とした道路に、道路標識、ひょろ長い木が数本立っている。風景全体が、人間の行動を表しているようだ。

《ジャンヌビリエの道》では、まだ随所にモネの影響が見られる。シニャックは、印象派の巨匠たちを尊敬していた。1880年にクロード・モネがラ・ヴィ・モダンで開催した展覧会を訪れ、モネ本人と対面している。

印象派の影響を受けた最後の1枚

色を重ね合わせないフラットカラーを前面に打ち出した構図は、1870年代、特にアルジャントゥイユ滞在していた1871年から1878年のあいだにモネが制作した風景をしのばせる。

また、アルフレッド・シスレー、カミーユ・ピサロ、ギュスターヴ・カイユボットも、郊外の風景を描いており、テーマと様式上の類似点が見られる。はっきりと印象派の手法が見られるのは、これが最後の作品となる。

そして、翌年、ジョルジュ・スーラと出会ってからシニャックの画風が劇的に変わる。スーラとともに制作にはげむようになり、分割主義のテクニックをマスターする。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ポール・シニャック
  • 作品名ジャンヌビリエの道
  • 制作年1883年-1883年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ73cm
  • 横幅91.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャンヌビリエの道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。