作品概要

エルミタージュ地区のコート・デ・パブ》は、画家のカミーユ・ピサロによって制作された作品。制作年は1877年から1877年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エルミタージュ地区のコート・デ・パブ》は、フランスの印象派画家カミーユ・ピサロによる油彩の風景画である。1877年に制作された本作は、同年行われた展覧会、第3回印象派展で展示された。ピサロ作品の中でもサイズの大きなこの絵画は画家のお気に入りであり、1913年まで家族が所有していた。現在はロンドン・ナショナルギャラリーに所蔵されている。

描写

丘を見上げるこの絵は、印象的な木の並びや建物の線により、力強い垂直方向の流れを作り出している。下草、屋根、丘の描く斜めの線は、場面の上向きの力とは対照的だが、このコントラストは木々の存在によって弱められている。それらは木々によってほとんど覆い隠されており、鑑賞者の視線は場面の表面を滑ることになる。

丘を登る三角屋根の自信に満ちた演出は、ポール・セザンヌの強調された空間圧縮の技術の影響を示している。

色のコントラスト

ピサロのこの作品に深みを与えているのは、光、色、コントラストの注意深い制御である。絵画の至るところで、さまざまな違う色調が密接に組み合わされていることが確認できる。前景では、隣接する色調は、最も暗い部分で極度に密接している。

このような隣り合った、時には不自然なコントラストの使用は、それ自体が大気遠近法の効果となり、前景の強い彩度に大きな影響を与えている。

ピサロはこうした色の領域の区別に加え、より一般的な方法で作品を多彩にした。前景の主な色は緑であるが、後景に行くにつれて緑は徐々に少なくなり、赤が微妙に増えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カミーユ・ピサロ
  • 作品名エルミタージュ地区のコート・デ・パブ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1877年 - 1877年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ115cm
  • 横幅88cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エルミタージュ地区のコート・デ・パブの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。