作品概要

ドラゴンのもとへいく王女サブラ》は、画家のエドワード・バーン=ジョーンズによって制作された作品。制作年は1866年から1866年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ドラゴンのもとへいく王女サブラ》は、ラファエル前派の画家エドワード・バーン=ジョーンズによって描かれた連作の一部であり、聖ゲオルギウスのドラゴン退治伝説を描いている。

この連作は、水彩画家のマイルズ・バーケット・フォスターにより、彼のサリー州の自宅のダイニングルームを装飾するために依頼された。全部で七作ある連作のうち、本作は四番目の作品である。

ドラゴン伝説

主題は、イングランドの守護聖人でもある聖ゲオルギウスの有名な伝説である。

リビアのシレーヌという町では、人々が毒を吐くドラゴンによって苦しめられていた。羊を生け贄として差し出すことでドラゴンを鎮めていたが、あるときとうとう生け贄にする羊がいなくなってしまった。くじによって人間の生け贄を差し出すことになるが、くじに当たったのは王女サブラであった。サブラがドラゴンの餌食になりかけたとき、ローマの兵士ゲオルギウスが現われる。十字架の印によって守られて、ゲオルギウスはドラゴンを退治する。

描写など

騎士道の理想が描かれたこの伝説は、ラファエル前派の画家たちに好まれた主題であった。

この作品では、王の娘であるサブラが生け贄としてドラゴンの元へ行く場面を描いている。衛兵を先頭にして、後ろのアーチ道にはろうそくを持った乙女たちが続いている。後景には、その様子を見る三人の見物人が描かれている。悲痛な面持ちの王女は悲しくも美しく、同時に自身の運命を受け入れる強さも描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドワード・バーン=ジョーンズ
  • 作品名ドラゴンのもとへいく王女サブラ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1866年 - 1866年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人蔵
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドラゴンのもとへいく王女サブラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。