作品概要

坊主としての自画像》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ハーバード大学フォッグ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

本作品は1888年9月アルル在住時に自身を日本の坊主(僧侶)として描いた作品であり、僧侶としての自画像と記載されていることもある。英語名称では「Self-Portrait(Dedicated to Paul Gauguin)」と命名されており、その名称にあるようにゴーガンから贈られた自画像に対する返礼として描かれた。

日本文化への関心

ゴッホは日本文化や日本芸術に興味を持ち、浮世絵を模写したり、絵の一部として取り入れたりし、その一例は《タンギー爺さん》などにも見られる。日本的な文化や精神的なあり方を知ろうとし、憧れていたことが、このような日本の精神文化の象徴たる「僧侶」としての自分を描くことに表れている。

作品は画面全体が寒色系でまとめられており、背景は孔雀石のような色合いとなっている。それに対して衣服の褐色と紫、襟元を縁取っている青色が強調されており、彼の目にも背景の薄緑が反映されている。

ゴッホによる評価

この自画像についてゴッホは、「(略)肖像画の中で自分の個性を誇張することが僕にも許されるなら、僕は自画像の中に単に僕自身だけでなく、全体的な意味の一人の印象派画家、永遠の仏陀の素朴な崇拝者である坊主でもあるかのようにこの肖像は考えて描いたのだ。」と語っている。

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名坊主としての自画像
  • 制作年1888年-1888年
  • 製作国不明
  • 所蔵ハーバード大学フォッグ美術館
  • 種類油彩
  • 高さ61cm
  • 横幅50cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 坊主としての自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。