作品概要

パンドラ》は、画家のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

パンドラの箱

ここで描かれているのは、人類にとっての災いが詰め込まれた箱をパンドラが開けようとしている場面である。

ギリシア神話において、パンドラはゼウスの命により創造された人類最初の女性である。プロメテウスが神の意に反して人類に火を与えたことに怒ったゼウスは、人類に災いをもたらすためにパンドラを生み出したという。

作者のウォーターハウスは、イギリスの画家。神話や伝説、文学作品を題材とした作品で知られている。両親が画家で、幼いころから絵画に親しんだ。ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで学び、同所の展覧会でほぼ毎年作品を発表し続けた。

災いをもたらす甕

パンドラ神話を語ったもので最も有名なのは、古代ギリシアのヘシオドスの詩『仕事と日』の中の物語である。

パンドラは、ゼウスの命令でヘパイストスによって作られた。だが、他にも多くの神が彼女の創造に力を貸したので、エルメスによって「全てを与えられた」という意味の「パンドラ」と名付けられた。神々はまた彼女に、男達に不幸をもたらす病気などが入っているという甕を持たせた。甕は、のちに誤訳されて箱となった。

ゼウスの怒りを買っていたプロメテウスは、弟のエピメテウスにゼウスからの贈り物は受け取らないよう告げる。しかし彼はパンドラと結婚してしまい、のちに彼女が甕を開けてしまうことになるのだった。パンドラが箱を開けた時、老い、病、貧困など、あらゆる人間の厄災を解き放ってしまった。彼女がその甕を閉じた時、中には希望だけが残されていたという。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
  • 作品名パンドラ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人 (不明)
  • 種類油彩
  • 高さ152cm
  • 横幅91cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • パンドラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。