作品概要

オフィーリア(1894年)》は、画家のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによって制作された作品。制作年は1894年から1894年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

狂気に陥る悲運の女性

作者のウォーターハウスは、19世紀後半から20世紀初めにかけて活躍したイギリスの画家。神話や伝説、文学作品に登場する女性を好んで描いている。オフィーリアは何度か作品の主題に扱われた彼のお気に入りの人物の1人で、1889年、1910年にもオフィーリアの絵を描いている。

オフィーリアは、シェイクスピアの戯曲『ハムレット』に登場する悲劇のヒロインである。デンマークの若い貴婦人で、王子ハムレットの恋人だったが、父への復讐を目論むハムレットに誤って父ポローニアスを殺されてしまう。さらに彼に冷たくされたオフィーリアはついに狂気に陥り、登った柳の木から川に落ちて溺死してしまう。

静かな狂気

オフィーリアは睡蓮の広がる沼に向かってたわんだ木の幹に座り、髪に手をやっている。オフィーリアを扱った絵画では、その狂気や悲壮感が描かれることが多いが、この作品の彼女は普通の女性とあまり変わらず、落ち着いて見える。

だが、オフィーリアのドレスには豪華な宝石があしらわれており、この人工物と周りの自然との対比が、彼女の存在の異様さを生み出している。両家の子女である彼女が、1人で自然の中にいることなど通常はあり得ないのである。

彼女の髪に飾られたポピーは死と眠りの象徴であり、膝の上のデイジーは無邪気さの象徴である。背景の沼には黒い影が落ち、暗い雰囲気を出している。また、彼女が座っている木は沼に向かって伸びており、彼女にこれから起こることをほのめかしているようだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
  • 作品名オフィーリア(1894年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1894年 - 1894年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人 (不明)
  • 種類油彩
  • 高さ73.6cm
  • 横幅124.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オフィーリア(1894年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。