作品概要

戦場から去る負傷した胸甲騎兵士官》は、画家のテオドール・ジェリコーによって制作された作品。制作年は1814年から1814年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

馬とジェリコー

ロマン主義の先駆者と言われるテオドール・ジェリコーは生涯馬に魅せられた画家である。彼は1791年に裕福な家に生まれ、幼少期から馬に親しみ、1808年に馬と近代軍事の画家として有名だったカルル・ヴェルネに弟子入りしたが、2年後に「私の1頭の馬は彼の6頭をむさぼり食っただろう」と師を超えたことをほのめかして辞めている。

作品の成り立ち

この《戦場から去る負傷した胸甲騎兵士官》は1814年の作品であり、ジェリコーにとって2度目のサロン出展となった。タイトルに「負傷した」とあるが、どこにも傷が見当たらないのがこの作品の謎でもある。

2年前にサロン初出展で金賞を得た《突撃する近衛猟騎兵士官》も馬1頭に兵士1名ではあったが、雰囲気は大きく異なっている。ジェリコーは前作ではクールな寒色とフレッシュな緋色に暖色のかけらを合わせ、贅沢にパレットを使用したが、本作では全体的に暗い色を用いている。

これは単に当時のナポレオンが退けられ、敗北は避けられない、という重苦しい雰囲気にジェリコーが感化されただけではない。後に彼は「黒い影の量が増えれば増えるほど、その作品の芸術的価値は高くなる」と述べている。

出展後のジェリコー

前作と同様にこちらも買い手がつかなかったため、ジェリコーは国民衛兵に志願し一旦画業から離れるが、数年後には代表作となる《メデューズ号の筏》に取り掛かり始めた。

生涯馬が好きだったジェリコーにとって皮肉なことだが、1823年の落馬事故により持病の脊椎結核が悪化し、翌年に32歳という若さで死去している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テオドール・ジェリコー
  • 作品名戦場から去る負傷した胸甲騎兵士官
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1814年 - 1814年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類カンヴァス・油彩
  • 高さ358cm
  • 横幅294cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 戦場から去る負傷した胸甲騎兵士官の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。