作品概要

ありがたくない連れ:カイロの通りで》は、画家のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによって制作された作品。制作年は1872年から1873年で、タウンリー・ホール美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

初期の作品

ウォーターハウス初期の作品。英国芸術家協会のギャラリーで展示された。この絵がどういう場面を描いたものかははっきりしない。モデルの適切なポージングなどをまだ探っている段階の作品といえる。

ウォーターハウス(1849-1917)は、イギリスの画家。英文学や古代の神話に着想を得た絵画を主に油彩で製作した。ラファエル前派とされることが多い。彼の絵画は、描かれた女性の美しさで有名である。彼の絵画のモデルは家族や友人から、プロの絵画モデルまで幅広いく、その中には舞台女優や映画スターとなった人物もいる。

成功を納めた画家

ウォーターハウスは、1849年に英国人の画家ウィリアム・ウォーターハウスと、同じく画家の妻イザベラの子としてローマの街で生まれた。1854年、一家はイギリスのロンドンに引っ越した。彼はニノというあだ名で呼ばれ、画家の両親の勧めで絵を描き始めた。大英博物館やナショナル・ギャラリーに展示されている作品をよくスケッチしていたという。

1871年、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの付属美術学校に入学。はじめは彫刻を学んでいたが、その後絵画に切り替えた。1874年にロイヤル・アカデミーの展覧会で発表した《眠りと異母兄弟の死》が好評を博し、ウォーターハウスは以後、死の直前の1916年までほぼ毎年定例の展覧会に出品していた。

画家として順調に成功を納めたウォーターハウスは、その後の1895年、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの最高芸術院会員となったほか、評議会議員も務めた。美術学校の教員もしていた。1917年に癌で亡くなる直前まで絵画を制作した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
  • 作品名ありがたくない連れ:カイロの通りで
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1872年 - 1873年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵タウンリー・ホール美術館 (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ59cm
  • 横幅49.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ありがたくない連れ:カイロの通りでの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。