作品概要

我が英国の海岸》は、画家のウィリアム・ホルマン・ハントによって制作された作品。制作年は1852年から1852年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《我が英国の海岸》は、イギリス人の画家であり、ラファエル前派を1848年に創始した美術家の一人である、ウィリアム・ホルマン・ハントによる絵画である。

作品の経歴

ハントが1851年に制作した絵画《雇われ羊飼い》が、博物学者及び弁護士であったウィリアム・ブロデリップに購入された後、ブロデリップの甥にあたるチャールズ・テオバルド・モードが本作を依頼した。

初めに依頼した時、モードは《雇われ羊飼い》の背景にいる羊の複製を願ったが、ハントはより独創的な構図を受け入れるよう説得した。

制作の背景

ハントは本作を1852年の8月と12月の間に、寒さと悪天候に耐えつつ、オンプレネール(戸外制作)で制作した。

描かれているのは、サセックスの海岸に位置し、「恋人の席」と呼ばれるフェアライト渓谷の崖である。

作品の特徴

この絵画では、絵具が何層にも重ねられており、鮮やかな色使いが特徴的である。

本作の別題は《群れからはぐれた羊》であり、1853年にロイヤル・アカデミーの夏の展覧会に展示された。1946年よりイギリスのテート・ギャラリーの所蔵となっている。

ハントの画法の特徴

ハントの絵画は細部まで注意が行き届いており、鮮やかな色使いと複雑に組み込まれた象徴的要素が特徴的である。

ハントは自らの画法を形成するにあたって、美術評論家のジョン・ラスキンと、歴史家・評論家のトーマス・カーライルの著作に大きな影響を受けていた。ラスキンとカーライルは、世界が視覚的な記号により成り立っていると主張し、ラファエル前派の思想的背景にも大きな影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ホルマン・ハント
  • 作品名我が英国の海岸
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1852年 - 1852年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ76cm
  • 横幅122cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 我が英国の海岸の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。