作品概要

シャロットの女》は、画家のウィリアム・ホルマン・ハントによって制作された作品。制作年は1905年から1905年で、ワッズワース・アテネウム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《シャロットの女》は、イギリス人の画家であり、ラファエル前派を1848年に創始した美術家の一人である、ウィリアム・ホルマン・ハントによる絵画である。

作品のテーマ

本作で描かれているのは、イギリスの詩人であるアルフレッド・テニスンによるバラード(民謡)の、「シャロットの女」である。

テニスンによる詩は中世ヨーロッパをテーマとし、その力強い視覚的要素は、ハントを含むラファエル前派の画家たちに大きな影響を与えた。

ラファエル前派に影響を与えた芸術家たち

1848年に、ハントはラファエル前派の一員であった画家、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティと共に、「不朽の芸術家」のリストを作成した。

このリストには彼らが尊敬する芸術家達が挙げられていたが、特にラファエル前派の作品のテーマに使われることの多かった、ジョン・キーツやテニスンなどの文芸家の名前が多く連なっていた。

作品に描かれた場面

本作に関しては、テニスン本人がハントに描く場面を指定している。ここで描かれているのは、原作の詩には登場しないシーンであり、シャロットの女が自分の織っていた壁掛けの糸に絡まっている様子である。

ハントは詩全体の要素を一枚の絵に捉えることを目指し、シャロットの「奇妙な運命」を糸の絡まりによって表現した。このテーマを気に入ったハントは、生涯を通して度々同じ構図の絵を描いているが、死去する直前になり、ようやく大きな作品を完成させた。

ハントの画法の特徴

ハントの絵画は細部まで注意が行き届いており、鮮やかな色使いと複雑に組み込まれた象徴的要素が特徴的である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ホルマン・ハント
  • 作品名シャロットの女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1905年 - 1905年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ワッズワース・アテネウム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ189cm
  • 横幅146cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • シャロットの女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。