作品概要

廃墟の恋》は、画家のエドワード・バーン=ジョーンズによって制作された作品。制作年は1894年から1894年で、ウィティック・マナーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《廃墟の恋》は、ラファエル前派の画家エドワード・バーン=ジョーンズにより1894年に描かれた油彩画である。ナショナル・トラスト所有の邸宅、ウィティック・マナー内に飾られている。

寓意画

この作品のタイトルは、1855年に作られたロバート・ブラウニングの詩に基づいている。しかし、これは詩の挿絵ではなく、バーン=ジョーンズに典型的な寓意画である。

この設定は、おそらく15世紀のヴェネチアで出版された「ヒュプネロトマキア・ポリフィリ」という本の影響を受けていた。ロマンチックな物語の挿絵は木版画で描かれており、その中には、倒れた柱や石の中に恋人たちが座っている絵もあった。

モデルについて

描かれている恋人の男性のほうは、ビクトリア朝時代末期、画家が好んだモデルであったガエタノ・メオまたはアレッサンドロ・ディ・マルコであると考えられている。

女性は、おそらくアントニア・カイヴァというモデルだが、バーン=ジョーンズの愛人だったマリア・ザンバコの存在をほのめかしている。マリア・ザンバコは、この作品が描かれる20年以上前に、画家と不倫関係にあった。

関連作品

バーン=ジョーンズは元々1870年から1873年の間に同主題の水彩画を描いている。それは1893年にパリの写真館で傷がつく前まで、画家の最も賞賛された作品の一つであったが、2013年7月11日にクリスティーズのオークションにおいて、1320万ポンドで競り落とされた。

基本情報・編集情報

  • 画家エドワード・バーン=ジョーンズ
  • 作品名廃墟の恋
  • 制作年1894年-1894年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ウィティック・マナー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ95.3cm
  • 横幅160cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 廃墟の恋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。